ホワイトニング|よくある質問|尼崎で歯医者をお探しなら尼崎ガーデン歯科へ

ホワイトニングに関するよくある質問

なぜ歯の色が (茶色 or 黄色) 変わるの??

原因は3種類あります。

  1. 歯の表面の汚れ
    茶渋やヤニ、その他の着色性の強いものが歯の表面に付着して色を変色させていきます。着色し易い食品は、カレー・コーヒー・赤ワイン・しょうゆ・コーラ等が挙げられます。
  2. 加齢・遺伝
    象牙質の厚みが増すことで色調が濃くなると考えられています。また、生まれつき歯の色が黄色い方もいらっしゃいます。
  3. 歯の内部構造が原因
    テトラサイクリンという抗生物質を母親の妊娠中や幼少期に服用した場合、歯が茶色やグレーになったり縞模様ができたりします。また、歯をぶつけたり、歯の病気によって歯の神経が死んだりして変色する場合もあります。

ホワイトニングは安全ですか?

歯に悪影響はありませんが、薬剤の刺激により歯が知覚過敏といってしみやすくなる事はありますが、使用する薬剤はアメリカで数十年に宜る、臨床結果があります、また、研究でも安全性が保護されています。ホワイトニング剤の主成分は『過酸化水素』または『過酸化尿素』であり米国食品医薬品局(FDA)でも成分の安全性を保証しています。

白くなるまでの期間や回数は?

平均でいうと、オフィスホワイトニングの場合は、3~5回、ホームホワイトニングの場合は3~4週間くらいです。ただし、両方あわせて行うと最短2~3週間くらいで白くなります。また、本人の望む白さによって異なります。当店では、様々なメニューがございますので、ご来店の上無料カウンセリングをオススメします。

どれくらいの期間、白さを維持できますか?

ホワイトニング前の歯の色に戻ることはございません。専用の歯磨き粉をいつもお使いいただけば、効果は数年間持続しますが着色性の強い食品で再び着色してしまうので3~6ヶ月に一度定期的な歯のクリーニングをオススメします。

ホワイトニングでどこまで白くなりますか??

元々の歯の色に個人差がありますが、オフィスホワイトニングの場合『VITAのシェードガイド』で3~5段階白くなります。ホームホワイトニングの場合、実施時間・方法にばらつきはありますが、3~4週間くらい行えば周りの方が見ても『白くなった』と言われるようになります。

ホワイトニングが出来ない場合もあるの?

妊娠中、授乳中の方や小児、重度の歯槽膿漏、無カタラーゼ症の方はホワイトニングできません。18歳以下の方は歯の成長過程にあるため安全性が確立されていないのでご遠慮いただいています。また、ホワイトニングは歯自体の色を変えていくため、プラスチック・セラミックなどの色を変えることが出来ません。

ホワイトニング後の飲食に気をつけることがありますか?

してはいけないということはありませんが、30分間は飲食を控えて色素の強い食べ物(カレー・コーヒー等)を避けたほうがいいでしょう。

ホワイトニングしたけどあまり効果がなかったけど?

『ホワイトニングをしたけどあまり効果が出ない』とおっしゃる方がまれにおられます。神経の生きている歯で抗生物質の影響もなく、エナメル質や象牙質の成長不全でもない限りホワイトニングでまったく効果が出ないということはありえません。ただ『なかなか白くならない』『多少しか白くならない』と言うことはありえます。そのような場合は少ないのですが、その時はオフィスとホームを組み合わせる対処が出来ます。また、人の目は敏感に新しい色調を識別できますが、その色調にすぐ慣れてしまうという性質があります。自分の歯を毎日眺めていると、白くなっても以前から変化していないように感じる事もあります。

施術中、痛みなどはないですか?

ほとんどの場合は痛みが無く、麻酔も必要がありません。他の歯科医院では、ホワイトニング効果をあげる為に強い薬剤を使用しているところがあるようですが、強い薬剤は歯に与えるダメージが大きいために痛みが出ることがあります。尼崎ガーデン歯科では、薬剤や光照射器に工夫を凝らしているため痛みが出ることはほとんどありません。ただし、虫歯や詰め物が悪くなっていたり歯に亀裂や破折等がある場合には、そこから薬が浸透して痛みを感じることがあります。その為ホワイトニング前に、虫歯の処置をしっかり済ませておく必要があります。尼崎ガーデン歯科ではそのようなことがないよう、施術前にお口の中の確認をしております。スタッフ一同誠心誠意対応いたしますのでご安心くださいませ。

どうして歯が白くなるの?

ホワイトニング剤に含まれる過酸化水素や過酸化尿素で、エナメル質の色素を取り除いて白くします。

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの違いは?

ホームホワイトニングは自宅で行い、オフィスホワイトニングは歯科医院で行うものです。それぞれについてメリット・デメリットが異なります。ホームホワイトニングは、自宅で好きな時間に行うことができ、全ての歯を白くすることができ、自然な白さと効果の持続性は高いですが、時間がかかります。オフィスホワイトニングは即効性があり、歯科医師・歯科衛生士の管理下で行われるので何かあった時にも安心できますが後戻りが早いです。

レーザーホワイトニングとオフィスホワイトニングの違いは?

尼崎ガーデン歯科のオフィスホワイトニングはレーザーを使用しておりません。レーザーホワイトニングは高熱を発するために歯にダメージを与える可能性があります。尼崎ガーデン歯科の薬剤は、熱と光の反応によってその効果が発揮されます。光照射器の光は可視光線です。また、熱量も薬剤が安定的に力を発揮する38度から40度前半になるように設定されています。通常の光照射器は1本ずつ光を当てていましたが、尼崎ガーデン歯科の光照射器は一度に最大20本の歯に光を当てることができるのでムラのないキレイなホワイトニングが出来ます。

ホワイトニングについてのカウンセリングを無料で行っておりますのでわからない事がありましたら、お気軽にご相談くださいませ。