矯正歯科について|尼崎で歯医者をお探しなら尼崎ガーデン歯科へ

矯正歯科

宮島邦彰先生
尼崎ガーデン歯科では、元ハーバード大学大学院教授:宮島邦彰先生の監修の元、矯正治療を行い毎月1回直接指導を行っています。矯正歯科としての最新の技術で皆様のご要望にお応えします。

歯科矯正のお知らせ

2017年07月14日
8月の宮島先生の回診日は、8月3日となっております!
どしどし!ご相談下さい!!ませ!!
2017年05月02日
今月の宮島先生の来院日は5月11日です。
皆さん、矯正の無料相談に来院下さい!
2017年04月21日
花見の時期も去り、暮らしやすい気候になりました。
皆さん、お口のケアはいかがでしょうか?
いつでも、来院下さい!!
                 スタッフ一同
2017年03月03日
今月の宮島先生の指導は、3月9日です
よろしくお願いします

スタッフ一同
2017年01月18日
***矯正治療完了の患者様へ***
矯正は、定期検査が重要です。必ず、3ヶ月に1回は来院下さい。
又、保定装置を装着しないと、後戻りしますのでご注意下さい。
2017年01月14日
次回、宮島先生の診察は2月2日です。
本日・明日と関西も積雪が予想されております。
皆様!ご注意下さい!
2017年01月06日
あけましておめでとうございます!
本年も!スタッフ一同!笑顔で!頑張ります!!
随時、無料相談を行っておりますので、気軽に来院ください!
2016年12月10日
来年も引き続き、宮島先生による矯正無料相談を
行います。ふるって、ご参加下さい。
2016年12月07日
師走に入り皆さんお忙しいと思いますが、
矯正の相談にお越し下さい!!
2016年09月21日
台風が日本列島を横断し被害を受けましたが、
皆さん大丈夫でしたが?
矯正相談はいつでもお越し下さい!

             スタッフ一同

矯正治療の目的

矯正治療の目的
  • 咬合(歯列形態)
  • 機能(健康な咀嚼器官)
  • 審美(横顔、スマイル)
矯正治療の目的(Tweed)
  • 顔貌線の最良の平衡と調和
  • 治療後の歯列弓の安定
  • 健康な口腔組織
  • 効果的な咀嚼機能

現在の矯正治療の目的

  • 咬合育成(乳歯混合歯列)
  • 不正咬合の改善(永久歯列)
  • 審美的改善(顔・歯列の形態と色)
  • 歯周治療として(歯槽骨の改善)
  • 補綴・インプラント前処置
  • 外科前処置

顔貌の評価

顔貌の評価

矯正治療の種類について

「アクアシステム」「舌側矯正治療」など「目立たない」矯正治療

矯正治療の種類には様々な治療方法があります。まずは当院でご相談頂き、自分にあった治療法をご検討ください。

アクアシステム

写真:尼崎ガーデン歯科(矯正歯科)のアクアシステムを装着した状態
従来のイメージを覆す、夢の矯正歯科治療!

アクアシステムは、"アクアフレーム"と呼ばれるマウスピース型の透明な装置を付け替えていくという、全く新しい矯正歯科治療の方法です。

従来の矯正歯科治療はブラケットとワイヤーを使って歯を移動させていました。アクアシステムでは透明のフレームを歯列にかぶせて歯の移動を行います。

トレー1枚につき0.2ミリ~0.5ミリずつ動かす仕組みで、何枚ものトレーを使って少しずつ歯を移動させていきます。

舌側矯正治療

写真:尼崎ガーデン歯科(矯正歯科)の舌側矯正治療
外見からはまったくと言って見えない矯正治療法。

「舌側矯正」とは歯の裏側に(舌側)矯正器具をつける矯正治療方法のことです。矯正器具を歯の裏側に付ければ、人に矯正治療を行っているのが分かりません。

治療期間は上顎で6ヶ月(最新のものでは3ヶ月)下顎で3ヶ月となります。

唇側矯正治療

写真:尼崎ガーデン歯科(矯正歯科)の唇側矯正治療
唇側の矯正治療(ブラケット)

唇側矯正治療は表側(歯の表面)に装置をつけるため、どうしても目立ってしまうデメリットがありましたが、昨今では従来のものと比較してかなり目立ちにくくなった装置になっています。

唇側矯正(しんそくきょうせい)は歯の表側にブラケットとワイヤーを付けるので、舌側矯正(裏側矯正)に比べ、細かな調整が可能な優れた治療法です。

また動かす歯の部位や症状によらず、ほとんど全ての不正咬合に対応することが出来るのも、唇側矯正の優れた特徴です。

スピード矯正

写真:尼崎ガーデン歯科(矯正歯科)のスピード矯正治療
矯正治療期間を大幅に短縮!

一般的に成人矯正では上下顎の矯正治療を行った場合、通常2年はかかってしまいますが、歯列矯正とコルチコトミーを併用すれば1/2~1/4に短縮することが可能です。

人間の歯の基盤となる硬い骨(皮質骨)を部分的に削除し、その内側にある軟らかい骨(海綿骨)にヒビを入れることで歯が動きやすい条件を作ります。

あらかじめ歯に装着しておいた矯正装置の力と人の体に備わっている治癒力(自然治癒力)によって新しい歯並びが速やかに形成されます。